« しゅぼくんの友人来訪? | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 - The Girl with the Dragon Tattoo - »

2012年3月11日 (日)

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE

宝物はきっと、ここ(AUTB)にある。

_dsc0026_large

(C)2012中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ
2012年/日本/カラー/115分/
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

解説

原作は、「聖☆おにいさん」で手塚治虫文化賞短篇賞を受賞した
漫画家・中村光による同名の大人気コミック
(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊・1~12巻)。

2004年より「ヤングガンガン」で連載開始され、10年にアニメ化。
そして11年には実写化が実現しTVドラマを経て12年、
ついに、公開と。

大企業‘市ノ宮カンパニー’を率いる父親から、
「他人に借りを作るべからず」という教えを受けて育った
超エリート御曹司“リク”に若手実力派の林遣都。

そんな“リク”の命の恩人であり「私に、恋をさせてくれないか」
と言う自称金星人“ニノ”に桐谷美玲。

現在最も活躍が期待できる若手注目株のふたりを筆頭に、
河童の姿をした“村長”にはなんと、小栗旬。

星型の頭で元ミュージシャンのその名も“星”に山田孝之。

女装姿の元傭兵“シスター”に城田優。

ほか片瀬那奈、安倍なつみ、徳永えり、更には
高嶋政宏、上川隆也…と、日本映画界を
代表する俳優たちが、驚きの姿で荒川河川敷村にずらりと並ぶ。

今回、脚本・監督を務めたのは小説家、舞台演出なども手がける飯塚健。
原作の世界をそのままに、映画オリジナルストーリーも
交えた独特の荒川ワールドを演出する。

個性的なビジュアルのキャラクターたちが、
「人にとって本当に大切なものは何か」という
普遍的なテーマをギャグにくるみながら教えてくれるファンタジーな
ヒューマンドラマは、観る人の胸を締め付ける!

さらに、主題歌・50回転ズの“涙のスターダスト・トレイン”が
映画の余韻を盛り上げる。

ストーリー

大企業の御曹司・市ノ宮行(林遣都)は、
最も恐れている父親・積(上川隆也)から
荒川地区再開発の妨げとなる不法占拠者の一斉退去を命じられる。

視察のため河川敷に到着した行はいきなりズボンを奪われ
川に落ちるというトラブルに巻き込まれるが、謎の美少女“ニノ”
(桐谷美玲)に助けられる。

“他人に借りを作るべからず”という積からの教えに基づき、
ニノへの借りを返す事と河川敷視察を兼ねて
そこに居座ることにした行は、そこに住む、どう見ても
河童の着ぐるみを着た村長(小栗旬)という男から、
“リク”というあだ名をつけられる。そこには星型のマスクをかぶった
ロックミュージシャン(山田孝之)や、男なのに修道女の格好をした
シスター(城田優)など、常識外れで奇怪な住人がいた。
_dsc8971_large

最初はとまどうリクだったが、次第に住人達の様々な事情を知り
心が動かされていく。
しかし、再開発のための一斉退去の期日は迫っており…。

(1996-2012 CINEMA TOPICS ONLINE.)

ちゅう感じです。

まず、スタッフ

原作:中村光(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督・脚本・編集:飯塚健
製作:AUTBパートナーズ
製作プロダクション:スモーク
制作協力:ダブ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
宣伝:ショウゲート

キャスト
林遣都
02_large

桐谷美玲
03_large

小栗旬
Sub4_large

山田孝之
Sub1_large

城田優
片瀬那奈
Sub3_large

安倍なつみ
徳永えり
有坂来瞳
駿河太郎
平沼紀久
末岡拓人
益子雷翔
手塚とおる
井上和香
浅野和之
Sub2_large

髙嶋政宏
上川隆也
Sub5_large

と言うメンツです。

う~~ん、全般的には原作を見なくても、
それなりに笑える感じです。

全般的にゆる~いナンセンスギャグが盛込まれています。
ただ、これだけキャラが建っているメンツを
全部映画の中で理解するのは、ほぼ不可能。

随所に背景が分からないと、???だらけです。(・_・?)ワカラン
なので、ご覧になる前に、ちょこっと予習した方がよいと思います。。

でも、それなりに奇想天外な展開なので
楽しめるとは思います。。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ

ただいま第25位→Best10ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください


チケットぴあ

« しゅぼくんの友人来訪? | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 - The Girl with the Dragon Tattoo - »

2012年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しゅぼくんの友人来訪? | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 - The Girl with the Dragon Tattoo - »

無料ブログはココログ