« 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE | トップページ | メルクリンのZゲージ mini-club 86191 »

2012年3月15日 (木)

ドラゴン・タトゥーの女 - The Girl with the Dragon Tattoo -

『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』の鬼才デヴィド・フィンチャーが、
スウェーデン発の世界的大ベストセラー・ミステリーを映画化!

Dragontattoo_large

2011年/アメリカ映画/158分
配給: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
場所:大阪ステーションシティシネマ

解説

ミュージック・ビデオ出身のデビッド・フィンチャー監督といえば、
ダークでスタイリッシュな作風で知られる。
手に汗握るスリラーとの相性が抜群に良く、
初期の作品はすべてこのジャンルに収まる。

代表作は、やはり奇怪な連続殺人事件を追うサイコスリラー「セブン」だろう。

しかし、ある役で有名になった俳優が同じ役柄ばかりオファーされるように、
「セブン」があまりにも強烈だったため、フィンチャー監督は
作品の選択肢が限られてしまうことになる。

それでも、監督は同じスリラーというジャンルのなかでも
少しずつ違った題材を描くことで自らのポテンシャルをアピールし、
生と死を描くファンタジー映画「ベンジャミ・バトン 数奇な人生」で大きく飛躍。

そして、「ソーシャル・ネットワーク」で、ハリウッドを代表する
監督の1人となったのだ。

「ドラゴン・タトゥーの女」は、全世界のミステリー・ファンを
驚喜させた大ベストセラーという題材を手に、監督がもっとも得意とする
ジャンルに復帰した待望の新作だ。

「セブン」の世界観と、人間ドラマの成熟した人間描写があいまって、
極上のスリラーとなっているのだ。

「ドラゴン・タトゥーの女」のタイトル・シークエンスは、
嬉しいことにフィンチャー監督による久々のミュージック・ビデオになっている。

トレント・レズナーがカバーしたレッド・ツェッペリンの
「移民の歌(Immigrant Song)」(歌はヤー・ヤー・ヤーズのカレンO)に乗せて、
フェティシズムに満ちた邪悪な世界が展開する。

強烈なタイトル・シークエンスで観客を物語世界に引き込むのは、
「セブン」以来。最高のオープニングである。

ストーリー

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを映画化した
スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)を、
「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー監督が
ハリウッドリメイクしたミステリーサスペンス。

経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエルは、
資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの
失踪事件の真相追究を依頼される。

ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーの
リスベットとともに捜査を進めていくが、
その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく。
主演はダニエル・クレイグと
「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラ。

(© eiga.com inc. All rights reserved.)

ちゅうもの。まず、スタッフ

監督: デビッド・フィンチャー
製作: スコット・ルーディン、オーレ・ソンドベルイ、
ソーレン・スタルモス、セアン・チャフィン
製作総指揮: スティーブン・ザイリアン、ミーケル・バレン、
アンニ・ファウルビー・フェルナンデス
原作: スティーグ・ラーソン
脚本: スティーブン・ザイリアン
撮影: ジェフ・クローネンウェス
美術: ドナルド・グレアム・バート
編集: カーク・バクスター、アンガス・ウォール
衣装: トリッシュ・サマービル
音楽: トレント・レズナー、アティカス・ロス

で、キャスト
ダニエル・クレイグ(オトコマエ)
Df07831_large

ルーニー・マーラ(ソーシャルネットワークの時の方がカワイかった)
Df19389_large

クリストファー・プラマー(アカデミー取りました!)
Df14723_large

ステラン・スカルスガルド
Karisub3_large

スティーブン・バーコフ
ロビン・ライト(不倫の女編集長エリカ)
Df19689_df_v1_large

ヨリック・バン・バーヘニンゲン
ジョエリー・リチャードソン
ジェラルディン・ジェームズ
ゴラン・ビシュニック
ドナルド・サムター
ウルフ・フリバーグ
インガ・ランドグレー
マッツ・アンデルソン
エバ・フリトヨフソン
エロディ・ユン
ジョセフィン・スプランド
エンベス・デイビッツ

てな感じです。
小説読んでなくても十分でした。
Df19608edit_large

昔、レッド・ツェッペリンの
「移民の歌(Immigrant Song)」のコピーをした事もあって
テーマ曲にもやられました。。

見る前は、コワーイスリラーかと思って
びびってましたが、案外素直な作品。
Df19666_large

「ドラゴン・タトゥーの女」では事件解決のプロセスと並行して、
ヒロイン、リスベットの心の変化が丁寧に描かれていく。

調査員として異常なほどの情報収集能力を持っているものの、
社交性がまるでなく、感情表現が苦手な彼女は、
ミカエルと仕事をすることで、いつしか恋心を抱いていく。
Karisub1_large

エンディングでリスベットは"失恋"をするのですが、
その描写が美しくも切ない。
Df21400_large

この場面は、成熟したフィンチャー監督の
真骨頂といえるかもしれないです。

ぜひ見に行って下さい。オススメします。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ

ただいま第25位→Best10ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください


チケットぴあ

« 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE | トップページ | メルクリンのZゲージ mini-club 86191 »

2012年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE | トップページ | メルクリンのZゲージ mini-club 86191 »

無料ブログはココログ