« ヒミズ | トップページ | 今日は本町で豪華ランチ »

2012年1月25日 (水)

永遠の僕たち - Restless -

「天国より近くにいる君へ」

2011年/アメリカ/カラー/90分/
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
場所:TOHOシネマズなんば

Main_large

解説

昨年、前立腺がんの合併症により74歳で逝去したデニス・ホッパー。
俳優・監督としてハリウッドの殿堂入りも果たした彼の才能を受け継ぐ
息子のヘンリー・ホッパーが、新人俳優として活躍している。

父親にデニス・ホッパー、母親に女優のキャサリン・ラ・ナサを
持つヘンリーは現在19歳。
彼の新作は「グッド・ウィル・ハンティング」で、
瑞々しい青春を描いたガス・ヴァン・サント監督による
「レストレス(原題)」。

さてこの映画は、不治の病に冒された少女と、
死に取り憑かれた青年の恋を描いた作品で、
ヘンリー・ホッパーは主人公の青年を演じている。

共演には「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス役に抜擢された
ミア・ワシコウスカ。そして、ヘンリー演じる主人公のただ一人の
"友人"役として、日本から加瀬亮が出演している。

ハリウッドの「反逆児」と呼ばれたデニス。
その才能を受け継ぐ息子の魅力は、スクリーンで披露される。

ストーリー(あらすじ)

交通事故で両親を亡くし臨死体験をした少年
イーノックは、それ以来、自分だけに見える
死の世界から来た青年ヒロシを話し相手に生きてきた。

そんなある日、イーノックは難病で
余命3カ月を宣告された少女アナベルと出会い、
ヒロシが見守る中、残された時間を過ごす
2人は輝きを取り戻していくが……。

(1996-2012 CINEMA TOPICS ONLINE.)

さてスタッフ、
監督:ガズ・ヴァン・サント
脚色:ジェイソン・リュウ 
製作:ブライアン・グレイザー/ロン・ハワード
/ブライス・ダラス・ハワード/ガス・ヴァン・サント

→結構有名な人が制作に名を連ねている

キャスト
ヘンリー・ホッパー
96759e4c3cfe4e7d19a114cd1633f586

ミア・ワシコウスカ
9aa9f8dbb7b6653d389b2e22ff91787b

加瀬亮
088b35be3d294e538e0f2dd3d942f5ba

と言う感じです。

今回もお友達のR嬢と行って来ました。

全般的には、比較的前半が少し間延び気味だけども、
アナベルと知り合ってから、段々と人間味を取り戻していく。
Sub2_large

が、アナベルの病状が進んでいくと、イーノックの
苦悩は増す。
Sub1_large

ラストはお葬式のシーンで終わるが、イーノックが
にやけるところで終わるのが、少し余韻があってイイかも。

3ヶ月限定の青春恋愛物語でしたが、
ここにアナベルが息を引き取るシーンがあっても
よかったかな?と思えます。

でも、カップルで見に行って下さい、お早めに。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ

ただいま第25位→Best10ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください


チケットぴあ

« ヒミズ | トップページ | 今日は本町で豪華ランチ »

2012年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒミズ | トップページ | 今日は本町で豪華ランチ »

無料ブログはココログ