« 今日は寒かった | トップページ | 今日は小寒 »

2012年1月 5日 (木)

ニューイヤーズ・イブ - New Year's Eve -

『プリティ・ウーマン』の監督 × 超豪華キャストの共演

2011年/アメリカ/カラー/118分/
配給:ワーナー・ブラザース映画
場所:TOHOシネマズなんば/Select Screen

解説

『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督
×超豪華キャストが贈る感動のドラマ
『ニューイヤーズ・イブ』が、日本公開となった。

Newyearsevetheatricalpromoposter500

本作は、1年で最も煌びやかなニューヨークの大晦日、
失われた絆を取り戻そうとする8組の人々の感動の物語を通じて、
新しい年への希望を貰える感動のドラマ。

死期が迫った孤独な病人と彼を見守る看護婦の物語、
去年の大晦日に出会った忘れられない女性との約束、
かつて恋人同士だった男女の偶然の再会など、
それぞれが、人との失われた絆を取り戻そうと
勇気を出して起こる奇跡のストーリー。

そして、2012年こそ、きっと良い年に!
という新しい年へ希望をえられる応援映画。

製作発表段階から出演キャストの豪華さが
話題となっている本作だが、今回その豪華キャストの中から、
“ジョン・ボン・ジョヴィ”が歌を歌っているシーンの
画像が公開された。

映画に出演するのは5年ぶりで、その役柄はなんとロック・スター役。
今まで映画では歌を披露したことはなかった彼が、
本作で初めて歌声を披露!

またボン・ジョヴィと並んで一緒に歌っているのが、
アメリカで社会現象になるほど大ヒットし、
今や世界中で人気の海外ドラマ「glee」で個性豊かなヒロインを務めた
“リー・ミシェル”。
Bonjovi

昨年は「TIME」誌で“世界で最も影響力のある100人”に
選ばれるなど爆発的な大ブレイク!
「glee」では強烈なインパクトを放ち、
パワフルな歌声が魅力の彼女と、
世界のロック・スターであるボン・ジョヴィとの
共演に期待が高まり、映画ファンのみならず
音楽ファンにも必見のシーンとなりそうだ。

監督は、『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル。

出演は、ジェシカ・ビール、
ジョン・ボン・ジョヴィ、
アカデミー賞ノミネートを誇るアビゲイル・ブレスリン、
クリス・“リュダクリス”ブリッジス、
2度のアカデミー賞受賞を誇るロバート・デ・ニーロ、
ジョシュ・デュアメル、
ザック・エフロン、
ヘクター・エリゾンド、
キャサリン・ハイグル、
アシュトン・カッチャー、
セス・マイヤーズ、
リー・ミシェル、
サラ・ジェシカ・パーカー、
アカデミー賞ノミネートを誇るミシェル・ファイファー、
ティル・シュヴァイガー、
2度のアカデミー賞受賞を誇るヒラリー・スワンク、
そしてソフィア・ベルガラ

らが出演している。

ハリウッドを代表するベテランから若手まで、
アカデミー賞受賞者を含む超豪華キャストが集結。

撮影はニューヨーク市内外で行われ、
エキストラで雇われた1000人達とともに、
実際の100万人の観光客が周りを取り囲む熱気の中、
史上初のタイムズスクエアでの年越しカウントダウンイベントで
実際に映画の撮影を敢行。
Nylocation

煌びやかで迫力のある映像にも期待と注目が集まる。

ストーリー【ネタバレ満開】

(Ball Drop Episode)
大晦日のこと、タイムズスクエア同盟の副会長
クレア・モーガン(ヒラリー・スワンク)は、
ボール落としのセレモニー<注:Ball Drop/新年まで 1 分の
カウントダウンが始まると、タイムズスクエアのビルの上に
立てられたポールから大きな光のクリスタル等の球体が
ゆっくり落とされるお祝い行事>の最終調整を、
友人のブレンダン(クリス・“リュダクリス”・ブリッジス)に
手伝ってもらっている。

舞踏会会場では、ジャンセン(ボン・ジョヴィ)は
その会場のシェフである、元カノのローラ・カーリングトン
(キャサリン・ハイグル)への想いを
再燃させる。

(Ingrid Episode)
そうしている間、アハーンレコード会社の
秘書イングリッド(ミシェル・ファイファー)は
イブなのに、休暇を拒まれたり、車に轢かれそうになったりして、
仕事をやめる。

イングリッドは会社に出入りしている自転車配達人の
ポール(ザック・エフロン)にアハーンレコード仮面舞踏会の
入場券を上げる代わりに、イングリットの一連の新年を迎えるに当たっての
実行リストの完遂を真夜中午前0時までに手伝う、という条件で
ポールの時間を購入した。

(Kim's Episode)
ポールの姉のキム(サラ・ジェシカ・パーカー)は
ティーンエージャーの娘ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)に手を焼いている。

ヘイリーは友達や彼氏のセス(ジェイク・T・オースティン)と
一緒にタイムズスクエアで年越をしたいのだ。

ポールの同居人で、コミック本のイラストレーターの
ランディ(アシュトン・カッチャー)は、
恋人がデートで彼のもとを去ってからというもの、
大晦日が大嫌いだ。

そんなランディがエレベーターで閉じ込められた。
一緒に難に遭ったのは、エリーゼ(リア・ミシェル)という
向上心に燃える歌手で、Ball Dropでのミュージシャン、
ジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)のショーで
バックコーラスを担当することになっているのだ。

(Ball Drop Episode)
近くの病院。最終段階の癌患者
スタン・ハリス(ロバート・デ・ニーロ)は
化学療法を拒否し、最後にもう一回だけ
ボール落とし<ボール・ドロップ>を見届
けることが唯一の望みだ。

スタンの担当医師(ケイリー・エルウィス)が
スタンの余命はもう長くはないと明かした後、
看護師エイミー(ハリー・ベリー)がスタンに付き添う。

(Tess's Episode)
同じ病院で、若い夫婦グリフィン・バーン(セス・マイヤーズ)と
テス・バーン(ジェシカ・ビール)は
初めての子の出産間際だ。

この病院の新年最初の新生児を産んだ家族に
ご褒美の特別手当がもらえるので、バーン夫妻は、
ジェームズ・シュワッブ(ティル・シュヴァイガー)と
グレイス・シュワッブ(サラ・ポールソン)
という別の夫婦と競い合っている。

別の場所では、アハーンレコードの副社長の
サム・リッカー(ジョシュ・デュアメル)は、
重要なスピーチをすることになっている
アハーンレコード舞踏会に到着しようとしているが、
ニューヨークの反対側で車が故障してしまった。

その間ずっと、前年の大晦日に出会って
恋に落ちた謎めいた女性と会うべきかどうか迷っている。

真夜中午前0時が近づくにつれて、
タイムズスクエアのボールの電球の一つが故障して、球全体が動かなくなる。
それで副会長クレアは、数週間前にクビにした
電気技師コミンスキー(ヘクター・エリゾンド)を呼ばざるを得なくなる。

コミンスキーは真夜中午前0時の何と数秒前に修理成功。

感謝の意味でクレアはその操作をコミンスキーに任せ、
ストレスの多いこの仕事をやめて、父親スタンと一緒に
ボール落としのセレモニーを見に急ぐ。

一方、看護師エイミーはアフガニスタンで
兵役についている夫(コモン)とテレビ対話している。

また、配達人ポールはアハーンレコード会社秘書
イングリッドのリストに挙げられた項目全てを完了したので、
イングリッドは入場券を上げる。

そんな時、密室エレベーター内のランディとエリーゼは
惹かれ合うようになり、まさにキスしようとした瞬間、
エレベーターは直ってエリーゼはジェンセンのショーに
急いで行ってしまう。

エリーゼが輪ゴムを忘れていったのに気付いた
ランディは、彼女に急いで渡しにボールドロップの会場へ急ぐ。

舞踏会で、ジェンセンはショーの途中にボールドロップの会場を
抜け出してローラに侘びる。
ローラは彼を受け入れて、舞踏会の仕事を終えたあと
ジェンセンと踊る。

ジェンセンがボールドロップの会場を立ち去ってしまったので、
エリーゼが彼の代役に呼ばれて、群衆の注目を魅惑する。
彼女はランディにキスして二人は恋愛関係を始める。

グリフィンとテス夫妻は赤ちゃんを出産する。
しかし、新年第一号の赤ん坊だけれども、
ジェームズとグレイス夫妻が実はもう三人の子供がいると
判明してから、ご褒美の特別手当は、自分たちの出生時刻が
彼らよりも遅くなった事を告げて、
ジェームズとグレイス夫妻に譲る。

一方、ティーンエージャーのヘイリーは大晦日の年越し祝いに
出席するのを親に禁止された後、タイムズスクエアに駆けていく。

そこで目撃したのは、恋人のセスが別の女性にキスされているところ。
ひどく失望して、ヘイリーは母親キムに会って慰められる。

セスは彼女らを見つけて謝り、その女性が勝手にキスしてきたのだと言い張る。

ヘイリーは彼を許し、二次会に行くのを母親キムに許される。

それからキムはサムに会いにレストランに行く。
サムはスピーチを無事に済ませられていた。キムこそが、
サムが一年前に出会った謎の女性であり、こうしてやっと、
二人はお互いの名を遂に知ることになった。

(1996-2011 CINEMA TOPICS ONLINE.)

スタッフ
監督:ゲイリー・マーシャル
脚本:キャサリン・ファゲイト

キャスト(ああ多すぎ)
Newyearsevecast

ミシェル・ファイファー
Catherine_et_zack

ザック・エフロン
Michelle

ヒラリー・スワンク
Swank

ロバート・デ・ニーロ
Rebert

ハル・ベリー
Halle

アシュトン・カッチャー
リア・ミシェル
Aheton

ジェシカ・ビール
セス・マイヤーズ
Jessica

ジョン・ボン・ジョヴィ
キャサリン・ハイグル
Cath_et_bonjovi

サラ・ジェシカ・パーカー
Sara

アビゲイル・ブレスリン
Abegail

ジョシュ・デュアメル
Josh

シエナ・ミラー
カーラ・グギノ
ソフィア・ベルガラ
アリッサ・ミラノ
サラ・パクストン
ジェイク・T・オースティン
ジョン・リスゴー
ジュリー・アンドリュース
アイス・キューブ
リュダクリス
クリスティーン・レイキン
フランキー・ムニッズ
ジョン・ステイモス
テレーゼ・シルフォー
ラッセル・ピータース
キャサリン・マクナマラ
ティル・シュヴァイガー
ヘクター・エリゾンド
ニーナ・ルイス
ライアン・シークレスト
アンナ・A・ホワイト
ロブ・ネーグル

というもの。

基本的には、

(Ball Drop Episode)
(Ingrid Episode)
(Kim's Episode)
(Tess's Episode)

の4つで構成されていくが、
微妙にそれぞれのエピソードの登場人物が絡むという流れ。。

個人的には、イングリッドとテスの話が
全く予想を裏切る展開。

お正月映画ならではの、豪華な顔ぶれと言う事だが、
細々とした話はええから、キャストの
すごさで楽しむって感じかと。

Castの女性陣のプレミアでの衣装はこんな感じ。(NY)
0b126cc2f4ff56f48658e0df454417c3

ジェシカ&セス+アビゲイル(LA) みんな綺麗ですね。
A296f82d3b10d5b60c0c25ebfbc93e30

基本カップルで見に行く映画だと思います。
出来れば、プレミアシートか、ペアシートでの鑑賞をオススメします。
(しゅぼくんも、お友達のT嬢と行かせて頂きました。多謝)

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ

ただいま第25位→Best10ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください


チケットぴあ

« 今日は寒かった | トップページ | 今日は小寒 »

2012年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は寒かった | トップページ | 今日は小寒 »

無料ブログはココログ