« ラブ・アゲイン - Crazy,Stupid,Love. - | トップページ | 大阪ダイアモンドシティ地下街の »

2011年12月12日 (月)

50/50 フィフティ・フィフティ - 50/50

27歳、生存率50%の余命宣告。
友達、家族、仕事、好きなひと…
人生、あきらめるには、早すぎる!!

2011年アメリカ/100分/カラ―/ヴィスタサイズ/ドルビーデジタル
配給:アスミック・エース
場所:TOHOシネマズなんばプレミアスクリーン

解説

27歳という若さで、生存率50%のまさかの余命宣告!! 酒もたばこもやらない
“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった―。
がんを克服した脚本家の実体験を基に、親友セス・ローゲンたちが映画化!
余命を宣告された青年と関わる周りの人たちの「生きていく」ことを、滑稽かつ
エモーショナルに描いた<心に効く>ハートフル・エンタテインメント。

『(500)日のサマー』のスマッシュヒットで一躍注目を浴びたジョセフ・
ゴードン=レヴィットを主役にミシェル・ゴンドリー、ウェス・アンダーソン、
スパイク・ジョーンズら若手監督に続く新たな才能ジョナサン・レヴィン監督が
映画化し、本年度トロント映画祭への出品も決定。

ストーリー

突然余命わずか(!?)決定! なんで僕が!?

酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに
突然告げられた病気は“ガン”だった―。

27歳という若さで、生存率50%のまさかの余命宣告!!

よそよそしい会社の同僚たち、突然犬を飼いだす
プレッシャーに押しつぶされそうな恋人、
同居を主張する世話焼きの母親…。

病気のアダムに気遣って
誰も今までどおりに接してくれない、
ただひとり悪友カイルを除いては。

カイルにガンをネタにナンパに連れ出されたり、
へたっぴ初心者新米セラピストや
ジョーク好きの老人ガン患者との出会いを経験し、
“ガン”を笑い飛ばそうと日々を過ごすアダム。

しかし刻一刻と蝕む病魔に、アダムは
平穏を装うことができなくなる…。

がん克服した脚本家の実体験を基に、
親友セス・ローゲンたちが映画化!

余命を宣告された青年と関わる周りの人たちの
「生きていく」ことを、滑稽かつエモーショナルに
描いた<心に効く>ハートフル・エンタテインメント!

(1996-2011 CINEMA TOPICS ONLINE.)

というもの。

まず、スタッフ

監督:ジョナサン・レヴィン
脚本:ウィル・レイサー
プロデューサー:エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ベン・カーリン
音楽:マイケル・ジアッキノ
撮影:テリー・ステイシー

で、キャスト
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『インセプション』『(500)日のサマー』)
Joseph

結構ひょろひょろとした感じなので、
「演技できるのか?」と思いきや、
そこはしっかりと演技。

セス・ローゲン(『グリーン・ホーネット』 『40歳の童貞男』)
Cess

やっぱ『グリーン・ホーネット』の時の感じだったので、
安心してみてられました。

女好きと言った設定も踏襲。

アナ・ケンドリック(『マイレージ、マイライフ』)
もう、カワイイの一言につきます!
彼女にするならこんな感じですね。
Anna

ブライス・ダラス・ハワード (『ヒア アフター』 『ターミネーター4』)
今回は残念ながら悪女。『ヒア アフター』の
時の方が良かったかな。
Bryce

アンジェリカ・ヒューストン (『ダージリン急行』)
おかん!って感じでした。
Angelica

さて、物語はガンが分かって、同棲している彼女がその重荷に
耐えきれず別れるという展開、
ここまでは読めますので、
このあたりまでにトイレに行きましょう。

Sub2_large


そのあと本屋でセス・ローゲンが買った本を、
ラストで手術前の主人公が、ものすごい書き込みの
入った本を見つけます。

ここで、かなり泣いてしまいます。

是非、カップルで見て欲しい、
そんなハートフルな映画です。

ぜひどうぞ。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ an style="font-weight: bold;">
ただいま第155位→50位ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください



« ラブ・アゲイン - Crazy,Stupid,Love. - | トップページ | 大阪ダイアモンドシティ地下街の »

2011年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラブ・アゲイン - Crazy,Stupid,Love. - | トップページ | 大阪ダイアモンドシティ地下街の »

無料ブログはココログ