« なんばパークス | トップページ | Mission impossibleの前売り »

2011年12月19日 (月)

リアル・スティール - REAL STEEL -

近未来のロボット・ボクシングを描く
アクション・エンターテイメント。

DreamWorks II Distribution Co. LLC
2011年/アメリカ/カラー/128分/
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
場所:TOHOシネマズなんば

解説

近未来──ボクシングの世界は、リモコンによって
遠隔操作されたロボット同士が戦う
"ロボット・ボクシング"が全盛。

プロボクサーからロボット・ボクシングの
プロモーターに転身したチャーリーは、
スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させては、
一獲千金を夢見る毎日だった。

そんなどん底生活の中で、離婚のため離れて暮らしていた
11歳の息子を短期間だけ預かることに...。

全く心が通い合わない二人だが、廃棄場で
旧型ロボットを見つけたとき、信じられない奇跡が始まる─。

『ナイト・ミュージアム』で世界中を魅了したショーン・レヴィ監督が、
ヒュー・ジャックマンを主演に贈る、大迫力の
アクション・エンターテイメント。

ストーリー

西暦2020年、リングの中で死闘を繰り広げるのは、
もはや生身の人間ではなく、
高性能の格闘技ロボットたちだった。

才能あふれるボクサーだったチャーリー・ケントンは、
チャンピオンになるために全てを──妻と子供までも──捨てて、
ただ夢だけを追い続けてきたが、
ロボット格闘技の時代の到来によって生きる場所を失い、
今や人生の敗残者も同然。

辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして
生計を立てるものの、彼の乏しい資金力で
手に入れられるロボットは、リングの上で
あっという間にスクラップ状態に…。

人生のどん底で、さらにチャーリーに
災難が舞い込んでくる。

11歳の息子のマックスが、赤ん坊の頃に別れて以来、
初めて彼の前に現れたのだ。

最愛の母を亡くしたマックスはチャーリーに
心を開くはずもなく、父子の関係は最悪の状態。

そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然に
捨てられた旧式ロボット“ATOM”を発見する。

それが、彼らの人生に奇跡を巻き起こす
“運命の出会い”であることに、チャーリーも
マックスもまだ気づいていなかった…。

(1996-2011 CINEMA TOPICS ONLINE.)

というもの。

まずスタッフ。
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ/
ロバート・ゼメキス(=Back to the future)他
監督:ショーン・レヴィ
脚本:レスリー・ボーム、ジョン・ゲイティンズ

で、キャスト

ヒュー・ジャックマン
Sub2_large

エヴァンジェリン・リリー(ハート・ロッカーに出てました)
Sub1_large

ダコタ・ゴヨ(多分将来は、ザックエフロンみたいになるかも)
Main2_large

アンソニー・マッキー
ケヴィン・デュランド
ホープ・デイヴィス
ジェイムズ・レブホーン
ジュリアン・ガント
オルガ・フォンダ

と言う面々。

前半はドサ周りが続く親子なれど、
Atomを見つける辺りから、ドラマが始まる。

Main_kari_large

ろくでもない親父から、脱却していくチャーリー。
マックスに色々と気づかされながら、自らも成長していく。

最後は世界チャンピオンに挑戦というクライマックスが待っているのだけども、
ちょっとここに飛ぶのが、強引気味のストーリー。

Main1_large

なので、ドサ周りのところはすっ飛ばしても、
Atomを見つけてからは、見逃すとさっぱりわからないので
注意して見ないとイケナイかと。

ロボットモノかと思いきや、基本的には親子ドラマなので、
親子か、誰かと見に行って欲しい映画。

じんわりと優しさがこみ上げてくる感じです。

久々に本作は、一人映画ではなく、
スッゴイ綺麗な女性と見に行ったので、
そっちが気になってあまり集中出来なかった
しゅぼくんでした。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ an style="font-weight: bold;">
ただいま第155位→50位ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください



« なんばパークス | トップページ | Mission impossibleの前売り »

2011年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんばパークス | トップページ | Mission impossibleの前売り »

無料ブログはココログ