« 今日はTOHOシネマズDayです | トップページ | 今日もいい天気ですね »

2011年10月15日 (土)

セカンドバージン

「大人の恋は終わらない。」

(C)2011映画「セカンドバージン」製作委員会
2011年/日本/カラー/105分/
配給:松竹
場所:なんばパークスシネマ

解説

NHKドラマ10枠でOAされ、社会現象を巻き起こした、
大石静脚本によるTVドラマ「セカンドバージン」。

20代の頃に離婚して以来、仕事一筋に生きてきた
45歳のキャリア女性と、既に妻を持つ17歳下の男性。

年齢を越え、困難な状況を越えて求めあい、
命さえもかける主人公たちのスキャンダラスな
純愛を描いた物語は、大人の女性たちから
大きな共感を得ました。

この禁断の話題作が、鈴木京香、長谷川博己、
深田恭子ら主要キャストはそのままに、
ついにスクリーンに登場します。

映画では、ドラマ放送時には描かれなかった衝撃の真実を、
マレーシア首都である、クアラ・ルンプール
【意味:泥の合流する場所】を舞台に、
さらに艶めかしく大胆な描写と、狂おしくもせつない
大人のラブストーリーとともに、新たにお見せ致します。

ストーリー

出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー、
中村るい(鈴木京香)は、既に妻を持つ
17歳年下のネット証券会社社長、鈴木行(こう)(長谷川博己)と
恋に落ちる。

様々な試練を乗り越え、一緒に暮らし始めたふたりだったが、
ある日行は忽然と、るいの前から姿を消してしまう・・・。

5年後、出張先のマレーシアでるいは、
行と運命的な再会を果たすが、行はるいの目の前で
銃弾に倒れてしまう。

コーランが遠く聞こえる中、生死の境をさまよう行。
やがて、事故を知り、行の妻・万理江(深田恭子)も
マレーシアにやってくる。

イスラムの地を舞台に、虚々実々の駆け引きの果て、
交差する思いが一挙にクアラ・ルンプールの濁流へと
流れ込んでいく・・・。

(1996-2011 CINEMA TOPICS ONLINE.)

2nd

ちゅう感じです。

監督:黒崎博、脚本:大石静で
キャストは、鈴木京香、長谷川博己、深田恭子

と言う感じでしたが、正直言って、
「TVの続編と言うには、背景情報が少なすぎで」、
「TVを見てくれた人だけ、鑑賞してくれればいい」的な
構成で、お金返して欲しい、、というひどすぎる展開。

何を伝えたくて、何が言いたいのか、
さっぱりわからない展開。。。

元の原作の小説を買って読んだ方がよっぽどおもしろかったはず。。

今から行く人には、決して勧めません。
残念ながら。。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。


人気blogランキング
人気ブログランキングへ an style="font-weight: bold;">
ただいま第155位→50位ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください




« 今日はTOHOシネマズDayです | トップページ | 今日もいい天気ですね »

2011年映画」カテゴリの記事

コメント

しゅぼくんさん、お久しぶりです。
もうお身体は大丈夫でしょうか?
うちの拙いブログにコメントありがとうございます。早速来させていただきました。

このセカンド・バージンはドラマを見てなくて・・残念だなあと思ってました。
でもしゅぼくんさんの解説を読んでいたら、下準備をしてから見た方がよさそうだなと思いました。
なので、本を読むかドラマを見てからにしますね。

私も最近は結構DVD見てますよー。でも解説は出来ないです。えへへ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はTOHOシネマズDayです | トップページ | 今日もいい天気ですね »

無料ブログはココログ