« この1週間でしゅぼくんが鑑賞したもの | トップページ | 抱きたいカンケイ - NO STRINGS ATTACHED - »

2011年5月23日 (月)

阪急電車 片道15分の奇跡

片道たった15分。ローカル線で起きる小さな奇跡の数々!

2011年/日本/カラー/??分/
配給:東宝
場所:TOHOシネマズ梅田

解説

原作は、「フリーター、家を買う。」の人気作家・有川浩による
75万部を超えるベストセラー小説。

その話題の小説が、阪急電鉄はじめ地元の全面協力を得て、
“オール関西”ロケで映画化された。

主人公のOL・翔子役に、日本を代表する女優・中谷美紀。
女子大生・ミサ役には、実力派女優としての地位を確立した戸田恵梨香。
老婦人・時江役に、日本映画界屈指の女優・宮本信子。
その他、南果歩、谷村美月、勝地涼、玉山鉄二など
豪華キャストが集結した。

脚本は、『いま、会いにゆきます』で日本中を
優しい涙で包んだ岡田惠和。
監督は、「僕~」シリーズなどのテレビドラマで
その演出力を高く評価され、本作が
映画デビューとなる三宅喜重が務める。

ストーリー
阪急今津線の車両内。
白いドレスを着て結婚式の引き出物を抱えた女性(中谷美紀)に、
見知らぬ老女が声を掛ける。

一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。
降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった。

(1996-2011 CINEMA TOPICS ONLINE.)

というもの。時々乗る今津線が舞台なので
なかなかおもしろかったです。
(西宮北口までは神戸線にはよく乗車しています)

まず主なキャストは以下の通り

キャスト
高瀬翔子:中谷美紀
森岡ミサ:戸田恵梨香
萩原時江:宮本信子
伊藤康江:南果歩
遠山竜太:玉山鉄二
権田原美帆:谷村美月
小坂圭一:勝地涼
門田悦子:有村架純
萩原亜美:芦田愛菜
カツヤ:小柳友

というわけで、主役の中谷美紀以外はほぼ
関西人のキャスト。

南果歩と絡む、お食事おばちゃんたちの
関西人ぽいノリもおもしろかったですが、
「大阪のおばちゃん」ぽく描かれていたのが
少し違うかと。

神戸の奥様は、萩原時江(宮本信子)の様に
もう少し品がよいかと。。

あと制作ですが、TVの系列枠を超えて制作。

製作会社:「阪急電車」製作委員会
関西テレビ/電通/幻冬舎/阪急電鉄
/ポニーキャニオン/読売新聞社/読売テレビ
制作プロダクション:コクーン

という感じですね。KTVとYTVのアナウンサーも
出ていた気がします。

感想ですが、一人一人のストーリーが
多すぎて、少し消化不良になっています。

小説には準じた描き方になっているとは思いますが、
少し時間が伸びても、個別の人物ストーリーに
時間を割いてもよかった気がします。

でも、見ては損はないと思います。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ
ただいま第155位→50位ランクインまであとわずか!!
マイ・オークションをごらんください

« この1週間でしゅぼくんが鑑賞したもの | トップページ | 抱きたいカンケイ - NO STRINGS ATTACHED - »

2011年映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この1週間でしゅぼくんが鑑賞したもの | トップページ | 抱きたいカンケイ - NO STRINGS ATTACHED - »

iTunes

無料ブログはココログ