« 大阪帰省 | トップページ | 大阪帰省2 »

2009年12月21日 (月)

2012

2012年12月21日に世界が終わる―
黙示録的予言を圧倒的な映像で描く!

標記映画見に行ってきました。
場所:ユナイテッドシネマ浦和

解説

多くの遺跡を残し、天文学においては
緻密な計算がなされていたなど、
超古代文明として知られる「マヤ文明」。

その古代マヤ人が記した「マヤ暦」は、
2012年12月21日に、時の終末を記している─。 

古代から伝わる言い伝えだけでなく、
古代マヤ人の遺した終末予言に3年後と迫った現在、
数多くのメディアがこの話題を真剣に取り上げ、
世界中で議論を巻き起こしている。

この冬、この注目の「2012」年の地球滅亡の日が、
壮大なスケールと驚異の映像で描きだされる
SF超大作が『2012』(にせんじゅうに)なのだ!

<2012年地球滅亡説>は 出版界、
映画界、TV界で大注目。日本でも脳科学者の茂木健一郎氏、
小説家の荒俣宏氏、北野武氏出演のTV番組で、
このテーマを扱っていたのが記憶に新しい。

マヤ暦が2012年12月21日に終わっていることに
起因して流布されているこの滅亡説は、
今やGOOGLEで<2012>でキーワード検索をすれば、
無数にヒットするという話題沸騰ぶりだ。

ある学説では太陽の黒点の活発化し、
異常活動する次の周期が「2012」とされており、
またNASAが「プラネットX」と呼ぶ、
「二ビル」と呼ばれる木星の数倍の大きさの
謎の惑星が太陽に接近し活発化するとの学説もあり、
その最接近が「2012」年。

その影響で地球が壊滅的打撃を受けると言われている等
<2012年地球滅亡説>は、さらなる熱を帯びてきている。

監督はローランド・エメリッヒ。

数々のディザスター映画を監督し、
中でも「ID4」や「デイ・アフター・トゥモロー」を
メガヒットさたことで、これ以上の適任な監督はいない。

監督は本作に対し「惑星!破壊!世界の滅亡!2012年に
関するインターネットのサイトで無数に
展開されている各種理論を見たら、興奮せざるを得ないし、
魅了されてしまったんだ。」

また「世界が本当に崩壊するときに、一体何が起きるんだろう?
ということに本当に興味がある。そのときに一体、
僕たちは何をするんだろうか?
それに魅了されている。」と語っている。

─2009年12月、未知なる映像が我々を襲う!!

ストーリー


『2012』─世界が2012年に終わる黙示録的予言を描いたSF超大作!

世界中の文化や、宗教、そして科学者や政府にとって
これほどまでに重要な年は有史以来はじめてとなる。

『2012』は世界の終末を引き起こす大洪水、
津波、火山の噴火、氷河の溶解と、
あらゆる天災が人類を襲い、
生き残った人々の英雄的な苦闘を描いた
アドベンチャー大作。

『インディペンデンス・デイ』、
『デイ・アフター・トゥモロー』の
ローランド・エメリッヒ監督が、
壮大なスケールと驚異の映像で放つSF超大作。


(copy; 1996-2009 CINEMA TOPICS ONLINE.)

ちゅうものです。

あまりのスリルに、トイレになぞ行けません。。
ぜひご覧あれ。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第155位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 大阪帰省 | トップページ | 大阪帰省2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪帰省 | トップページ | 大阪帰省2 »

無料ブログはココログ