« ピカキン動画です | トップページ | GW後半は大阪 »

2009年4月21日 (火)

レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─

標記映画見に行ってきました。

場所:ユナイテッドシネマ浦和

戦いは、赤壁レッドクリフへ。
男たちの結束が揺らぐとき、女たちの勇気が未来を変える。

解説

公開各国で、記録的大ヒット!
ジョン・ウー版三国志、遂に完結!
『M:I-2』×『パイレ-ツ・オブ・カリビアン』チームが贈る
スペクタクル巨編、再来!

興行成績5週連続第1位! アジア映画史上最高となる興行収入49億円
(1/12現在)! そして、観客動員数400万人突破!

驚異的な大ヒットを記録し、日本中を赤く染めた
『レッドクリフ PartⅠ』の興奮も冷めやらぬ中、
早くも『レッドクリフ PartⅡ』が日本に上陸。

『M:I-2』『フェイス/オフ』などでハリウッドを
制したジョン・ウー監督が、構想に18年、
総製作費100億円(うちジョン・ウーの私財が10億円!)を
注いだ渾身のビッグ・プロジェクトが、いよいよ完結する。

エキストラとして招集された現役人民軍兵士は1000人以上、
騎馬隊のために用意された馬は200頭!

そして、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの
スタッフによって施されたVFXは1000カ所以上!

『レッドクリフ』を表すありとあらゆる数字が、
これまでのアジア映画の枠組みを超えた破格のスケールを物語る。

80万の大軍を率いて侵略してきた曹操に立ち向かうため、
劉備軍と孫権軍からなる5万の連合軍が結束を強めた
『PartⅠ』。『PartⅡ』では、いよいよ歴史的な大戦
“赤壁の戦い”の火蓋が切って落とされるが、
兵士や村民が疫病に襲われているのを目の当たりにした
劉備は戦意を喪失。連合軍の絆は綻び結束は揺らぐが、
それでも連合軍の司令官・周瑜は戦いをあきらめず、
軍師の孔明も劉備の復帰を信じて打倒曹操の秘策を練る。

そして、男たちの陰で、連合軍の窮地を救おうと
女たちも立ち上がる。孫権の妹・尚香は男装して
曹操軍に潜入し、周瑜の妻・小喬は自らの危険をかえりみず、
ある行動に出る。それぞれの未来は、赤壁で決まろうとしていた……。

信じる心があれば、どんな過酷な状況も乗り越えられる。
信じる心があれば、奇蹟を起こすことができる。

『レッドクリフ』を通して、ジョン・ウーは信じることの大切さを説く。

アジアを代表する豪華キャストがスクリーンに再び!
決戦の地“赤壁”に集結!

孫権軍の司令官・周瑜役には、アジアを代表する演技派
トニー・レオン。物静かな中に闘志を秘めたカリスマ的な
武将を魅力たっぷりに演じている。

周瑜と固い友情で結ばれ、秘策・奇策を次々と
編み出す劉備軍の天才軍師・諸葛孔明役には金城武。

中国史上最も有名と言っても過言ではない
孔明という人物に現代的な解釈を加え、
飄々としたキャラクターとして演じている。

周瑜の妻・小喬役には台湾のスーパーモデル、
リン・チーリン。赤壁の戦いが勃発した
秘められた理由を悟った小喬の決意を、
凛とした美しさで表現している。

天下統一を大義名分とし、劉備軍と孫権軍に
襲いかかる帝国の支配者・曹操役には
『さらば、わが愛~霸王別姫』『始皇帝暗殺』などの
ベテラン俳優、チャン・フォンイー。

戦いを通して成長していく若き君主・孫権役には、
日本や韓国映画でも活躍する国際派スター、
チャン・チェン。

孫権の妹で、男勝りな活躍を見せる尚香役には、
『少林サッカー・夜の上海』のヴィッキー・チャオ。

義に篤く、勇猛果敢な武将・趙雲役には、
中国を代表する人気スターのフー・ジュンが扮している。

また、周瑜の部下・甘興役で、日本から中村獅童も参戦。

時代劇という慣れ親しんだフィールドで抜群の存在感を見せる。

超一流スタッフが歴史的大戦を完全映像化!
誰も見たことがない究極の映像が、そのベールを脱ぐ!

製作費はアジア映画史上最高となる100億円。
中国が国家を挙げて取り組む一大プロジェクトであると
同時に、日本をはじめ、アメリカ、韓国、台湾の
大手映画会社も参加した世界的プロジェクトである。

1000カ所以上に及ぶVFXを担当したのは、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや
『ダイ・ハード4.0』を手かげたオーファネージ社。

『マトリックス レボリューションズ』の
クレイグ・ヘイズが指揮を執り、
赤壁の戦いのクライマックスである
2000隻の船団が大炎上するという
未曾有のスペクタクルシーンを生み出した。

アクションシーンを演出したのは、
『トランスポーター』などで監督としても
活躍するコリー・ユン。

大火の中の船上戦、無数の矢が飛び交う中で
繰り広げられる地上戦を、ダイナミックに演出している。

そして、『血と骨』『殺人の追憶』などの岩代太郎が
音楽を担当。監督の信頼も厚い歌姫alanが
主題歌「久遠の河」を情感たっぷりに歌い上げる。

歴史書の「三国志」、小説の「三国志演義」を踏襲し、
勇気、友情、愛をテーマにしたまったく
新しい物語として完成した『レッドクリフ』二部作。

「三国志」ファンだけでなく、老若男女が楽しめ、
そして感動できるジョン・ウー流エンタテインメント超大作が、
今新たな歴史を作る!

『レッドクリフ PartⅠ』
■日本/五週連続第一位 アジア映画史上歴代一位
(興行収入49億円 1/12現在)
■中国/初登場第一位 興行収入歴代一位(興行収入US$46,000,000)
■韓国/初登場第一位 08年初日動員新記録
■台湾/初登場第一位 08年初日動員新記録
■香港/初登場第一位 08年初日動員新記録

ストーリー【ネタバレの可能性あり】

曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。
連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる!
2000隻の軍艦を率いて赤壁に侵攻してきた
曹操(チャン・フォンイー)は、
兵の士気を高めるために、蹴鞠の大会を催していた。

最も活躍し、曹操に昇進を言い渡された
孫叔材(トン・ダーウェイ)は、
一人の兵士に礼を言う。試合中にこっそり
孫叔材を手助けしたその兵士は、
男装して潜入していた孫権の妹・
尚香(ヴィッキー・チャオ)だった。

尚香は曹操軍に疫病が蔓延していることを
伝書鳩に託して孔明(金城武)に伝えるが、
その後戦慄の光景を目撃する。

疫病でなくなった兵士たちの死体が船に積まれ、
連合軍のいる対岸へと流されていたのだ。

曹操の冷酷非情なやり方に、
周瑜(トニー・レオン)をはじめ、
連合軍は憤りを感じるが、
傷ついた兵士と広がりつつある
疫病を目の当たりにした
劉備は自軍の兵と民のために、
撤退を決意してしまう。

しかし、孔明は周瑜とともに戦うため、
ただひとり戦地に残るのだった。

死線を越えたかけひき、繰り広げられる頭脳戦!

劉備たちが去った後の陣営には、十分な食料もなく
矢も5万本程度しか残っていなかった。

劉備たちが4万本の矢を持って行ったことの
責を問われた孔明は、三日で10万本の矢を
調達すると周瑜に宣言。

一方、周瑜も水上戦に長けた曹操軍の
武将・蔡瑁と張允を排除してみせると宣言する。

お互いの首をかけた発言に周囲は冷や冷やするが、
当の本人たちは涼しい顔をしているのだった。

ある日、周瑜のもとに、今は曹操に仕えている
幼なじみの蒋幹が訪ねてくる。

蒋幹は、曹操が小喬(リン・チーリン)を
手に入れるために戦争を始めたことをほのめかし、
周瑜に降伏を勧めるが、それでも
周瑜の決意は揺るがない。

旧交をあたためるふりをしながら周瑜の
動向を探っていた蒋幹は、蔡瑁と張允が
周瑜と裏で繋がっていることを示す手紙を見付け、
急いで曹操のもとへと持ち帰るが、
それは周瑜が用意した偽の手紙だった。

一方、最初の二日間で1本の矢も
入手していなかった孔明は、
藁で覆った船20隻を率いて敵陣へと侵入する。

濃霧で視界不良の中、敢えて弓矢の一斉攻撃を受け、
まんまと敵の矢を手に入れることに成功する。

10万本もの矢を孔明に奪われてしまったとは知らず、
蔡瑁と張允は意気揚々と陣営に引き上げるが、
蒋幹が持ち帰った手紙を曹操に突きつけられ、
処刑されてしまうのだった。

孔明の秘策、周瑜の戦略、尚香の帰還、
そして小喬の決断。それぞれの命運は赤壁へ―。

曹操軍の陣営の配置図を完成させた尚香が
無事に帰還する。2000隻もの戦艦が
書き込まれた配置図に連合軍は声を失うが、
周瑜は戦艦と戦艦の間にある印の意味を
尚香から聞き、そこに勝機を見出す。

しかし、その作戦を実行するには風向きが悪かった。
そこで孔明は、気象学、地理学を駆使して、
連合軍に有利な“東南の風”が吹く日を
割り出そうとする。

その頃、自分が戦争の発端であることを
知ってしまった小喬は、一艘の船に乗って
曹操のもとへと向かっていた……。

圧倒的な戦力差の連合軍に、はたして勝機はあるのか!?
周瑜は小喬を取り戻すことができるのか!?
孔明の秘策は通用するのか!?

劉備たちは戻ってくるのか!? そして、
東南の風は吹くのか!?

歴史に残る大戦“赤壁の戦い”が
いよいよ決着の時を迎えようとしていた。

(copy; 1996-2009 CINEMA TOPICS ONLINE.)

見応えがありました。
歴史が好きでなくとも、結構引き込まれます。

SFXとわからない場面が結構多いと感じたのが、
見応えのある部分でしょうか??

是非どうぞ

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第100位→25位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« ピカキン動画です | トップページ | GW後半は大阪 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピカキン動画です | トップページ | GW後半は大阪 »

iTunes

無料ブログはココログ