« 9/6-9/8に大阪帰還! | トップページ | 東京に戻ってきました »

2008年9月 5日 (金)

ベガスの恋に勝つルール - What happens in VEGAS

映画シリーズ第三弾です。

標記映画、友人のT嬢と見に行ってきました

場所:ワーナーマイカル板橋

解説

「旅の恥はかき捨て(“What happens in Vegas, stays in
Vegas”)」という有名なことわざで思い浮かべるのは、
理性の殻を脱ぎ捨てて、究極の快楽を味わい、
大騒ぎをして一攫千金を手にする夢を見るひととき、
だろう。

しかし、ひとときの夢であるはずの
出来事を少しでも覚えていたとしたら、
もしかしてそれは単なる「夢」では
片付けられないかもしれない……。

もしもそんな“罪作りな街”ラスベガスに
捨ててきたはずの酒に酔ったうえでの
クレイジーな出来事が、家まで追いかけてきて
日常を脅かすことになったら?

そんな設定のもと、コメディ『ベガスの恋に勝つルール』は、
不釣り合い極まりないセクシーなふたりを
巻き込む数々の騒動を描いていく。

サイを投じた瞬間から、
映画になるべくしてなったこの作品。

脚本家デイナ・フォックスとプロデューサーの
マイケル・アグイラーのコンビによる
必勝のプレゼンで、スタジオは即製作を許諾し、
このプロジェクトはスタートした。

「春にスタジオからゴーサインが出て、
秋にはデイナによる脚本の第一稿が上がり、
キャメロン(・ディアス)と
アシュトン(・カッチャー)の主演が決まった。

そして翌年の夏、撮影に入った。
ハリウッドの基準からしたら、
驚異的なトントン拍子だったよ」
とアグイラーは語る。

デイナ・フォックスによると、
本作品は彼女が抱えていた
いくつかの映画のアイデアを
融合させたものだという。

「敵対関係や障害を乗り越えて
愛を見つけたり、相手を理解するようになる、
といった物語に興味があるの。

最初は離婚調停中のカップルが、
その過程で奇妙にもお互いを
理解し合うようになる、
というストーリーを思いついたんだけど、
その頃ちょうど何故だか
“旅の恥はかき捨て”という
フレーズをよく耳にして、
映画のタイトルにするのに
ピッタリだと思ったのよ。

そこに突然、“ブリトニー・スピアーズが
ラスベガスで挙式”のニュースが流れてきてね。

それで、ラスベガスならではの
イベントのひとつと言えば、
出会ったばかりの見ず知らずの相手と
勢いに任せて結婚しちゃうことだわ
って思ったの。

他にできることといえば、
もちろん大金を掴むこと。

それで閃いたの。もしもそのふたつの
できごとが、一夜にして起こったとしたら?
ってね。

そこからこの映画のストーリーが生まれたのよ」

キャメロン・ディアスは、この映画の
タイトルだけで鮮明なシナリオを
思い浮かべることができると語る。

「眠らない街ベガスでは、
時間も使ったお金も、
どれだけお酒を飲んで
どれだけ眠ったのかさえも忘れてしまう。

思いきって飛び込める懐の深さ
とでもいうのかしら。
“何でもあり”のベガスでは、
その時、その瞬間以外では
おそらく決してやらないような事を
やっても許されてしまうのよ」

一方、アシュトン・カッチャーは、
「そこで起きたことは誰にも知られないからこそ、とびきり無謀で、クレイジーで、可笑しな自分になれるんだ」と語る。


ストーリー【ネタバレの可能性あり】

魅力あふれるパーティ好きの
ジャック・フラー(アシュトン・カッチャー)と
お堅い貿易商ジョイ・マクナリー(キャメロン・ディアス)にとって、
偶然にも一緒に過ごすこととなった
ラスベガスでのワイルドな週末は、
ぼんやりとした記憶の一片になるはずだった。

少なくとも、ニューヨークから
休暇で来ていたこのふたりが、
酩酊状態になって、署名済みの
結婚許可証のせいで
とんでもない過ちを犯したと気付くまでは……。

酒に酔ったジャックとジョイは、
勢いに乗って結婚式を挙げたうえ、
さらにその後スロット・マシンで
なんと3億円の大当たり。

実際はジョイがプレイしていた台で、
彼女のコインを使ってジャックが当てたもの。

いや、それともその逆か?

そして、手に入れた大金は誰のものなのか?

こうして配られた数奇な一手に操られ、
互いに毒づきながら新たな境遇と
共にマンハッタンに戻ったふたりを待っていたのは、
頑固者のワッパー判事(デニス・ミラー)による
“半年間の強制結婚”という判決。

ジャックの親友であり顧問弁護士でもある
スティーヴ・“ヘイター(人嫌い)”・ヘーダー
(ロブ・コードリー)の抗議も虚しく、
ワッパー判事はジャックとジョイの
婚姻解消を却下したうえ、
ふたりが勝ち取った大金を凍結し、
この無責任なカップルに対して、
この即席結婚を成功に導くために
あらゆる手を尽くした、
と証明するように命じる。

昔気質らしいワッパー判事が
ふたりに課したのは、
同居に加えて週1回のカウンセリング、
さらにはジャックとジョイを含めた
“イマドキの若いもん”が嫌いな“努力”だった。

さらには、これが達成できなければ3億円は
高くて長~い法廷バトルで争われ、
挙句の果てには弁護士に持って行かれる
ことになるとふたりを脅すのだった。

「ここに、ふたりを夫婦と認める」―― マジで。
「それならば、一丁やってやろうじゃないの!」
とばかりにまんまと罠に引っかかったジャックとジョイは、
忍耐と根性が試される最高に可笑しくて
無謀な先手必勝のゲームに身を投じることに

……このゲームでは、夫/妻になりきったほうが勝ちなのだ。

ジャックとジョイがグラィエーターばりに
繰り広げる激しい男と女の戦いは、
他人への憎悪心では誰にも引けを取らない
ジャックの激しやすい親友ヘーダーと、
ジョイの強引な女友達ティッパー(レイク・ベル)も
参戦してさらにヒートアップ。

おまけにジャックの口うるさい父親
ジャック・シニア(トリート・ウィリアムズ)と
ジョイの押しの強い上司バンガー(デニス・ファリナ)、
ジョイの傲慢な元婚約者メイソン(ジェイソン・スデイキス)、
そしてスマートな精神科医の
トゥイッチェル医師(クイーン・ラティファ)まで加わり、
ただでさえハチャメチャな
ふたりの夫婦ごっこは手に負えない事態に!

果たしてジャックとジョイは、
相手を絞め殺すことなく無事に
6ヶ月の“甘い結婚生活”を
乗り切って大金を手に入れることが
出来るのか? 

はたまたふたりの間に飛び散る火花に
本当に火がついて、意外にも嘘で
はじまった関係を本当のものに変
えるのだろうか?

最後には、予想もしなかった
大きなサプライズが待っているかもしれない……。

(copy; 1996-2008 CINEMA TOPICS ONLINE.)

ちゅうもの。

とにかく前半は笑える。後半はラブコメディの様相。
そして最後は。。。

という感じ。

DVDでもよい感じですが、
笑いたければ、どうぞ。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第99位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 9/6-9/8に大阪帰還! | トップページ | 東京に戻ってきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/6-9/8に大阪帰還! | トップページ | 東京に戻ってきました »

無料ブログはココログ