« FGI | トップページ | 『10年後に後悔しないレシピ』 »

2008年9月 1日 (月)

セックス・アンド・ザ・シティ - SEX and the CITY -

映画シリーズ第2弾です

標記映画、社長令嬢のN嬢と行ってきました。

場所:TOHOシネマズ六本木

解説

女・30代・独身・ニューヨーカー。
最新のファッションに身を包み、
夜毎、華やかなパーティーに出没。
人生に足りないのは…。

アカデミー賞女優、ジェニファー・ハドソンも参戦!

全米で放送されるやいなや大旋風を巻き起こし、
3年連続ゴールデングローブ賞受賞、
エミー賞受賞など輝かしい記録を樹立!

奔放なセックス・ライフを大胆に描写しながら、
過激な大人の女性の本音に迫った
スキャンダラスな内容と、ファッション雑誌から
抜け出たような最新のファッションが
世界中の女性たちを魅了して爆発的ブームとなり、
ロケ地ツアーには参加希望者が殺到、
番組に登場したショップや
ファッションアイテムは全て売り切れ必須という
一大現象を巻き起こした、
爆発的人気テレビシリーズ
「セックス・アンド・ザ・シティ」。

世界中のファンが惜しむ中終了したテレビシリーズから3年、
続編を求める熱狂的な女性達の声を受けて、
遂に彼女たちのその後の人生がスクリーンサイズにスケールアップ、
完全映画化が決定、日本での公開!

9月19日、ニューライン・シネマとHBO共同製作の元、
いよいよニューヨークで撮影がスタート。

サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー・ブラッドショー役)、
キム・キャトラル(サマンサ・ジョーンズ役)、
クリスティン・デイビス(シャーロット・ヨーク役)、
シンシア・ニクソン(ミランダ・ホップス役)
のおなじみの4人が、米HBOの
人気TVシリーズのままの役を演じる他、
クリス・ノース(キャリーの恋人、Mr.ビッグ役)、
デビッド・エイゲンバーグ
(ミランダの夫、スティーブ・ブレディ役)、
エバン・ハンドラー(シャーロットの2番目の夫、
ハリー・ゴールデンブラット役)、
ジェイソン・ルイス(サマンサの恋人、
ジェリー・“スミス”・ジェロット役)らが
女性陣のロマンスの相手役で出演することも
ニューラインから発表された。

同シリーズの製作総指揮を長年務めた
マイケル・パトリック・キングの監督・脚本作品となり、
テレビシリーズの衣装を担当し、
出演キャストからも絶大なる信頼を得ている
パトリシア・フィールドの参加も決定している。

また、これまで発表されていた映画版の新メンバーとして、
「ドリームガールズ」でアカデミー助演女優賞を受賞した
ジェニファー・ハドソンが、セックス・コラムニストから
ファッション誌米版ヴォーグの記者へ転身した
キャリーのアシスタント役で加わる。

NY、女性の過激な本音は誰にも止められない…

ストーリー

セックス・コラムニストのキャリーは、
新聞の連載コラムを辞めるものの
3冊のベストセラー本を出版し、
プライベートでもミスター・ビッグと
順調な関係を築いていた。

一方、PR会社社長のサマンサは
年下の恋人で俳優のスミスと
ロサンゼルスに移り住み、
彼のマネージメントを手掛けている。

また、元アートディーラーのシャーロットは
夫ハリーとの間に子供が出来ず悩んでいたが、
中国人の養女を引き取り母親業に専念。

そして敏腕弁護士のミランダは、
夫スティーブと子供と暮らすも
多忙な仕事と家庭の両立に悪戦苦闘していた。

それでも彼女たちの友情は
今も変わらず固い絆で結ばれている。

そんなある日、キャリーはついに結婚を決心するのだが…。

(copy; 1996-2008 CINEMA TOPICS ONLINE.)

というもの。TV版を見た方がさらにおもしろく
見れるのだろうが、そうでなくても
十分楽しめる映画。

結構赤裸々な女同士の会話に
結構笑えた。

英語力があるなら、是非見て欲しい映画。

この映画に行く前にペニンシュラで
ハイティーに行き、映画観賞後までよかったのだが、
社長令嬢のおもてなしには、
やや天候が悪かったかと。

それでも、N嬢のお姉様のノロケ話には
かなり笑わさせて頂いた。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第99位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« FGI | トップページ | 『10年後に後悔しないレシピ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FGI | トップページ | 『10年後に後悔しないレシピ』 »

無料ブログはココログ