« 大阪に帰ってました | トップページ | 海外出張 »

2008年6月26日 (木)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull -

標記映画行ってきました。

場所:ワーナーマイカル板橋


解説

世界中のファンが待ち望んだ映画史上最高のヒーローが帰ってくる!

勿論誰一人として欠かせないジョージ・ルーカス、
スティーブン・スピルバーグ、ハリソン・フォードの
3人が揃った正真正銘のシリーズ最新作として製作される。

『レイダース/失われたアーク<聖櫃>』では1936年を背景に
ナチス・ドイツと対決。旧約聖書に登場するアークの行方を追い、
ペルー、ネパール、カイロを駆け巡った。

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』では前年の1935年を舞台に、
聖なる石サンカラ・ストーンをめぐり新たな仲間と上海、
インドでの冒険を繰り広げる。

行く手を阻んだのは邪教の魔術を操る僧侶だった。

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1938年が舞台、
再びナチス・ドイツを相手に、ベニス、ベルリン、
トルコを駆け巡り、誘拐された父ヘンリーを救出し、
旧友と共にキリストの聖杯を探し求める冒険を繰り広げた。

最新作ではどんな秘宝を探し求め、どんな冒険を繰り広げるのか??

ハリソン・フォードの他のキャストは、『トランスフォーマー』で
ブレイクしたシャイア・ラブーフ、
『レイダース』と同役で再登場するカレン・アレン、
『アビエイター』のケイト・ブランシェット、
『コンタクト』などの名優ジョン・ハートらが出演。


ストーリー


旧ソ連が台頭した1957年代の冷戦時代を背景に、
超常現象的な古代の遺物を求めた
インディの新たな冒険が始まろうとしていた。

彼が探し求める秘宝とは、ヒーリングのパワーや
宇宙の神秘を紐解く力を持つという<クリスタル・スカル>。

言い伝えによれば、黄金に輝き死者たちに守られていた
消え去ったアマゾンの伝説の都市から盗まれた
クリスタル・スカルを神殿に戻した者は
神秘のパワーを手にすることができるというのだ。

その伝説を信じるソビエト軍の指揮官スパルコは
インディを捕らえ、スカルの捜索を強要する。

果たしてインディは敵から逃れ、
クリスタル・スカルを手に入れることが出来るのか?

そしてスカルに秘められた衝撃の謎とは?

ペルーのジャングル、ナスカ、ニューメキシコの砂漠、
イグアスの滝などを舞台にインディ最大の冒険と戦いが始まる!

(copy; 1996-2008 CINEMA TOPICS ONLINE.)

というもの。できればレイダースを見て予習を
済ませて、その後『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』で
どういう終わり方をしたか、を確認してから見るとよい。

ちなみに、スパルコ大佐を怪演ケイトブランシェットの
ロシア語なまりの英語は、スタートレックの
チェコフ少佐と同じノリである。

展開のエビデンスが、前シリーズと比べてやや希薄な
感じで進んでいくところは、ちょっと残念。

DVDでいいかも。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第99位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 大阪に帰ってました | トップページ | 海外出張 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪に帰ってました | トップページ | 海外出張 »

無料ブログはココログ