« 謹賀新年 | トップページ | 本日は大阪 »

2008年1月 3日 (木)

ベオウルフ/呪われし勇者 - Beowulf -

標記映画見に行ってきました

場所:TOHOシネマズ六本木アートスクリーン

解説

『ロード・オブ・ザ・リング』にも匹敵する壮大なストーリー、
『300』をも凌駕する刺激に満ちたアクションシーン。
最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす

最新の映像技術のもとにはじめて実現した驚異のアクション・ファンタジー
『ベオウルフ/呪われし勇者』。アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスが、
2007年冬、映画史を書き換える。

それは、デジタル・シネマの最進化形とも言うべきCGと俳優の究極の合体。
『300』『シン・シティ』の先を行く、驚愕の映像新世界が、
ついにその全容を明らかにする。

勇者ベオウルフに『キング・アーサー』のレイ・ウィンストン、
誘惑を仕掛ける美しき”怪物の母”にオスカー女優アンジェリーナ・ジョリー、
そして怪物に悩まされる老国王フローズガールに、
こちらもオスカーに輝く名優アンソニー・ホプキンス、
女王ウィールソウにロビン・ライト・ペン、
フローズガールの国を脅かす怪物グレンデルにクリスピン・グローバー、
ベオウルフの忠臣ウィグラーフにブレンダン・グリーソン、
フローズガール国王の腹心アンファースにジョン・マルコビッチ。

ハリウッドが誇るオールスターキャストが、年齢も、肉体も
超越して作り出す実写を超える新世界!

原作は、『ロード・オブ・ザ・リング』の原作
「指輪物語」にも多大な影響を与えたとされる
英国文学最古の英雄叙事詩。あらゆるファンタジーの
原点とも言うべき物語が、最新の映像テクノロジーと
出会うとき、まだ誰も見たことのない新たなる歴史が刻まれる。


ストーリー


凶暴な誘惑  「抱きなさい。――そして息子を授けよ」

怪物グレンデルの母――その姿は誰よりも美しく、
そのたくらみは誰よりも恐ろしい。
息子を打ち倒されたにもかかわらず、
その勇者に彼女はあらんかぎりの賞賛を贈り、
王にふさわしい男として栄光の未来を約束する。

ただし、そのための条件がひとつ――「抱きなさい。――そして息子を授けよ」。
世界を巻き込む”呪い”の連鎖は、一人の女の誘惑から始まる。

(copy; 1996-2008 CINEMA TOPICS ONLINE.)

と言うもの

CGが多すぎて、スクリーンは映画と言うより
まるでゲーム

ストーリーは及第点なだけに、残念

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第100位→25位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 謹賀新年 | トップページ | 本日は大阪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 本日は大阪 »

無料ブログはココログ