« 挨拶回り2 | トップページ | 象の背中 »

2007年11月19日 (月)

オリヲン座からの招待状

標記映画、引っ越し準備の間に見に行ってきました。。

解説

原作は国民的人気作家である浅田次郎氏の「オリヲン座からの招待状」(集英社刊)。

日本中220万人を感涙の渦に巻き込んだ大ベストセラー
「鉄道員(ぽっぽや)」の最終篇に所収され、長く映画化が待ち望まれていた。
そして今、1999年に映画化された「鉄道員(ぽっぽや)」に続く感動作が誕生した。

主演には山田洋次監督「たそがれ清兵衛」での
日本アカデミー賞主演女優賞受賞をはじめ、
国内外で高い評価を得ている、女優・宮沢りえ。

相手役には、クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」、
周防正行監督「それでもボクはやってない」(主演)に
抜擢された実力派俳優・加瀬亮。

また脇を固める俳優陣には宇崎竜童、田口トモロヲ、
中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄と豪華キャストの競演が実現。

季節の移ろいが美しい京都を舞台に、西陣織、
蚊帳の中の儚い蛍など、日本の伝統美を交えつつ、
映画館を守り続けたふたりの奇蹟の愛を描くのは、三枝健起監督。

メインテーマには、2007年ニューヨーク・ブルーノートで
日本人初の3年連続公演を皮切りに、全米・ヨーロッパ・
中東など各国でのツアーを大成功させた
ジャズアーティスト・上原ひろみ。

この秋、心を揺さぶる、大人のラブ・ストーリーとして
フィルムに焼き付けられ、いよいよスクリーンに登場。


ストーリー【ネタバレの可能性あり】


「突然ではございますが、昭和25年の開館以来
半世紀以上にわたって地元の皆様に愛され
親しまれて参りましたオリヲン座は、
誠に勝手ながら今秋をもちまして閉館いたす事と相成りました」

そんな招待状が、ゆかりの人々の元へ送られてくる。
昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、
その弟子であった留吉(加瀬 亮)が、その志を引き継ぎ
先代の妻・トヨ(宮沢りえ)と映画館を守る事となった。

古い時代、周囲の人々からは師匠のかみさんを寝取った若主人、
不義理な女将などと陰口を叩かれたりもした。

さらには映画産業が斜陽になり始め、貧乏に
耐えながらもひたすら映画を愛し、映画の灯を
灯し続けた二人、そして
何よりも純粋にお互いを思いやり、愛し続けたのだった。

一方そんなオリヲン座を一番の遊び場としていた
幼い子供がいた。二人は毎日映写室の小窓から
名画を覗いて成長した。

やがて大人になり、結婚して東京で生活を送っていたが、
いつしかお互いを思いやる心を見失い、
別れを決意していた。

そんな祐次(田口トモロヲ)と
良枝(樋口可南子)の元に、まるで何かを
予感させる様に、一通の招待状が届くのだった。

オリヲン座、そこは優しい奇蹟の宿る場所。 

(copy; 1996-2007 CINEMA TOPICS ONLINE.)

浅田次郎は、「地下鉄(メトロ)に乗って」以来だが、
以前はちょっと物足りない気がしたが、
以前のものよりは、少し感情移入しやすい映画。

ただし、映画のコピーほどの感動は、ちょっと。。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第52位→25位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 挨拶回り2 | トップページ | 象の背中 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 挨拶回り2 | トップページ | 象の背中 »

無料ブログはココログ