« 仕事納め(12/28)を終えて | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月31日 (日)

エラゴン/遺志を継ぐ者 - Eragon

本年最後の映画です。
標記映画見に行ってきました。

解説

子供から大人まですべての人を魅了する
本格ファンタジー・ノベル「エラゴン 遺志を継ぐ者」は、
NYタイムズのベストセラーリストで、
あのハリー・ポッターを抜いて1位に輝き、
その後87週間連続でランクイン。
全米で300万部もの売り上げを記録し、
たちまち世界の40カ国で翻訳される大ベストセラー・ノベルとなった。

インターネットでのファンの盛り上がりも爆発的で、
239,000もの「エラゴン」関連サイトが存在する。
日本でも児童文学者書として8週連続ベストセラー入りし、
すでに熱狂的なファンも誕生している。


ストーリー

15歳の少年エラゴンは、森の中で光り輝く青い石を見つけた。
貧しい農村で暮らすエラゴンは、この石を売って、
寒い冬に家族に食べ物を買ってあげようと思った。

しかし、その青い石から一匹のドラゴンが生まれてきた時、
エラゴンは、自分が古い古い伝説を拾ったことを悟る……

一夜にしてエラゴンの平和な生活は崩れ去り、
やがて運命、魔法、権力のうごめく冒険に満ちた新しい世界へ飛び込むことに。
古びた一本の剣と、年老いた預言者の忠告。
それだけを持って、エラゴンとまだ生まれて間もないドラゴンは、
邪悪な王が支配する暗闇の帝国を旅することになる……

copy; 1996-2006 CINEMA TOPICS ONLINE.

というもの。。

ゲド戦記とどう違うねん?と言われると
設定的には、いわゆるファンタジー冒険もの
と言うようにくくれるものである。

が、、、やはりスターウォーズEP1シリーズと同じような
終わり方である。

ロードオブザリングや、ナルニア国物語に比べると
設定も荒っぽいし。。。 

残念。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第70位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 仕事納め(12/28)を終えて | トップページ | 謹賀新年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラゴン/遺志を継ぐ者 - Eragon:

« 仕事納め(12/28)を終えて | トップページ | 謹賀新年 »

無料ブログはココログ