« USB扇風機 | トップページ | 猛暑 »

2006年8月 5日 (土)

スーパーマン リターンズ

標記試写会行ってきました。

あの伝説のヒーローが21世紀に復活。
スーパーマンが世界を救いに帰ってくる!
 クラーク・ケントことスーパーマン役は、
数千人の候補者の中から選ばれた逸材中の逸材、
”新星”ブランド・ラウスが抜擢され、
スーパーマンが愛する同僚記者ロイス・レイン役は、ケイト・ボスワース。
そして、大敵レックス・ルーサー役はケビン・スペイシーが熱演する。

 監督は、「ユージュアル・サスペクツ」、
「X-メン」シリーズのブライアン・シンガー。
子供の頃から「スーパーマン」の熱狂的なファンでもあった
シンガーが、2006年の最新の映像技術によって、
悲願の「スーパーマン」を時代の先端に甦えさせる。

最新のVFX技術で生み出されるスペクタクル映像のほか、無敵のヒーローであるスーパーマンが、1人の男として愛や人生に思い悩む姿を描いている点も見逃せない

音楽は前回同様、ジョン=ウイリアムズのの楽曲。
今回の作品自体の作曲者は別にいるけど、メインテーマは同じ。
ほとんどスターウォーズのオープニング曲が流れた瞬間と
同じ感じがしました。

せっかくなので、新しいテーマ曲を作って欲しかった。

StarTrekも映画版はちゃんとリニューアルしましたしね。

その点がもう一ひねり欲しいところ。

あとスーパーマンとロイス・レーンの愛の行方はどうなるか…
ロイス・レーンの子供は本当にスーパーマンのように育つのか??

謎はいくつもあれど、これは家族愛を考えさせられたかな?
と言う感じでした。

オススメ、特に家族がある人には。。

ちなみにエンドロールに、「この作品をクリストファー・リーヴ夫妻に捧ぐ」
と有りましたが、粋ですね。

あとケビン・スペイシーはビヨンド・ザ・シーの方が十分
熱演という気がしたけれど。

さて、今日のタリーズ淀屋橋店でおもしろい看板を見つけましたので
ご覧下さい
060805_1456


↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第150位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください


« USB扇風機 | トップページ | 猛暑 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USB扇風機 | トップページ | 猛暑 »

無料ブログはココログ