« 映画試写会 | トップページ | 自分の得意分野で勝負すべきか? »

2006年5月 7日 (日)

オークビレッジの筆箱-頂き物

今日、家族がお世話になっている先生から頂き物を頂戴した。

オークビレッジの筆箱である。

Station_p1

先生には長きにわたってお世話になったので、Swatchの時計
を差し上げたのだが、お返しをもらうつもりもなかったので、
気を遣って頂いてかえって恐縮してしまった。

今週の余裕の出来たときに御礼の返信を出そうと思う。

ちなみに、ブランド論から言うと、「オークビレッジ」はかなり
エッジの効いたブランドである。

自分たちがこれだと信じたものを作り続けている。
最近特に思うのが、「仕掛けるブランド」は目の肥えた消費者にはもはや通用せず、
「ブランドの生き様」を訴求出来るブランドが、ブランドとして立っていくような気がする。

そういう意味では、大量の広告投下で力づくでブランド認知させる
という図式は、もう無いのであろう。

そういう意味では、広告代理店の皆様は大変だろうと思う。
今までのブランド論では通用しないから…

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。

人気blogランキング

banner.png

ただいま第53位→50位ランクインまであとわずか!!

マイ・オークションをごらんください

« 映画試写会 | トップページ | 自分の得意分野で勝負すべきか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画試写会 | トップページ | 自分の得意分野で勝負すべきか? »

無料ブログはココログ