« Blog Ranking | トップページ | Blog Ranking 第72位 »

2006年3月 8日 (水)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

標記映画見に行ってきました。

第78回アカデミー賞の最優秀主演女優賞は
『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』の
リース・ウィザースプーンが受賞した。

名前を呼ばれたリース・ウィザースプーンは
「この物語は本物の女性を描いています。
カントリー・ミュージシャンというわたしの
長年の夢をかなえてくれてありがとう。
ホアキン(フェニックス)とともに旅に出られたことを感謝します!
とウキウキとした様子でコメント。

で、映画の方は
実在した1950年代のカリスマスター、
ジョニー・キャッシュの生涯に迫った真実の愛の軌跡。

監督は『アイデンティティー』のジェームズ・マンゴールド。

主演に『グラディエーター』のホアキン・フェニックスが
プレスリーらとロカビリーの黄金時代を築いた伝説の男を熱演する。

共演は『キューティ・ブロンド』のリース・ウィザースプーン。

この2人が劇中で熱唱する歌はすべて吹き替えなしの本物。

必見のアカデミー賞最有力候補作ということだったのですが
最優秀主演女優賞だけでした。

というか、見ればなるほどとわかると思います。

ちなみに、ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~の
主演・監督・脚本・製作の四役をこなした、
この作品に並ならぬ情熱を傾けるケヴィン・スペイシーの
方が同じミュージシャン自伝としては見応えがありました。

なので、リース・ウィザースプーンの演技を見るという
視点でこの映画を楽しまれてはと思います。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。
人気blogランキング
banner.png

マイ・オークションをごらんください

« Blog Ranking | トップページ | Blog Ranking 第72位 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーク・ザ・ライン/君につづく道:

« Blog Ranking | トップページ | Blog Ranking 第72位 »

無料ブログはココログ