« Turin 2006 | トップページ | バレンタインデーのチョコ、OLの7割「なくなって」 »

2006年2月13日 (月)

顧客志向の新製品開発

オススメ書籍にUpしてました標記書籍、読破しました。

今日はネタなしなので、この本について、書いてみます。


「顧客の声」にいかにして耳を傾け、新製品を成功に導くか。
製品開発の最重要課題を、マーケティングと
R&Dの部門間関係と顧客情報の利用に焦点を当てて
定性的・定量的に考察し、顧客志向の可能性と限界を明らかにする。

という書籍です。

昨今ポストモダンマーケティングで言われているところの
「顧客志向主義」に対し、それを文献研究および
実証的研究で解き明かしている本書は
なかなか読み応えのある書物でありました。

ちなみに前職では、R&Dの部門間関係に
会社の上層部は悩んでいるようだったので
この本を読んで悩みの度合いがようやくわかりました。

ちなみにリサーチャーのデータの活用のさせ方も…

また市場がコモディティ化している白物家電での
ケーススタディーは、なかなかおもしろかったです。

ちょっと他人に奨めたい本ですが、難解なのが欠点かも…

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。
人気blogランキング
banner.png

マイ・オークションをごらんください

« Turin 2006 | トップページ | バレンタインデーのチョコ、OLの7割「なくなって」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顧客志向の新製品開発:

« Turin 2006 | トップページ | バレンタインデーのチョコ、OLの7割「なくなって」 »

無料ブログはココログ