« リッツカールトン大阪 | トップページ | 衝動買い »

2005年11月26日 (土)

イン・ハー・シューズ

体調不良になる直前に見に行きました。
息抜きに。

『L.A.コンフィデンシャル』『8Mile』のカーティス・ハンソンが、
キャメロン・ディアスを主演に迎え、
女性の自分探しを描いた感動作。

製作にリドリー・スコットも名を連ねる。
共演に『アバウト・ア・ボーイ』のトニー・コレットと
ベテラン女優のシャーリー・マクレーン。

内面にコンプレックスを持っている妹と
外見にコンプレックスを持っている姉の
心のすれ違いと葛藤(かっとう)を
女優たちが見ごとな演技で表現する。

個人的には姉役の方(トニー・コレット)が
頑張って演技していたように思う。

シャーリー・マクレーンは
キャメロン・ディアスのフォローに回って
いい味出してました。

姉妹ってこういう感じなのね、と思った。
女性向きですね、これは。

最後のシーンでキャメロン・ディアスが
姉のために詩を読み上げるシーンは
良かったですね、感動した。

ちなみに、映画で出てくる寿司屋で
トニ・コレットが割り箸を割った時に、
日本人が箸のとげを取るような仕草を
やってました。広まってるのね、あの習慣…。

↓おひとり、おひとつのクリックがやる気の素になっています。クリックお願いします。
人気blogランキング
banner.png

マイ・オークションをごらんください

« リッツカールトン大阪 | トップページ | 衝動買い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イン・ハー・シューズ:

« リッツカールトン大阪 | トップページ | 衝動買い »

無料ブログはココログ